公共・行政 教育 観光 商工・組合 医療・福祉 タウンネット
掲載情報は諸事情により、実際と異なる場合がございます。
1日イベント情報を更新しました

イベント情報
〜9日 お城まつり【郡山城跡】
2日 修羅引き【郡山城跡】
8日 花まつり【慈光院】
15日 郡山城主 パフォーマンス披露【郡山城跡】
16日 お練り供養【矢田寺】
22日 結びの祝典 元服式・金婚式・結婚式【郡山城跡】
大納言祭【大納言塚】
5月2日〜6月25日 モノとくらしのデザイン【奈良県立民俗博物館】
5月3〜5日 子どもの日ワークショプまつり【奈良県立民俗博物館】

見る・学ぶ
やまと郡山城ホール
市立図書館
柳沢文庫
交通機関
近畿日本鉄道
奈良交通

JR奈良駅からJR関西本線5分、郡山駅下車
近鉄奈良駅から近鉄奈良線5分、大和西大寺駅で近鉄橿原線乗り換え8分、近鉄郡山駅下車
車では西名阪自動車道郡山ICから国道24号、または25号経由、約5km

tngバナーかな
tngバナー
金魚の養殖池
江戸時代より始まった大和郡山の金魚養殖は、現在も全国シェア40%を誇る重要な産業です。
タウンネットHOME 奈良県
ショッピング・グルメ

ショッピング・グルメ

ファッション・専門店・趣味雑貨・美容エステ・理容健康・食品・車バイク・スポーツ・ペット・住まいくらし他
カフェスイーツ・洋食・アジアン・和食・ナイト・他飲食

教育・くらし

教育・くらし

医療・薬調剤・福祉保健・教育資格・教室育児・不動産・運輸・環境安全・式会場・地域他

旅・レジャー

旅・レジャー

アウトドア・アミューズ・宿泊・交通・観光他
ビジネス

ビジネス

保険・流通商業・情報通信・広告デザイン・調査相談他

建築・土木

建築・土木

建築・住宅・店舗オフィス・土木・造園石材・設備・建材工務他

製造・加工

製造・加工

飲食品製造・機械金属・繊維化学・紙ゴム・木工工芸他


大和郡山市見聞録
大和郡山市は豊臣秀吉の弟の秀長が治めた城下町で、現在も秀長ゆかりの寺院や史跡、 庄屋屋敷などかつての面影を残しています。 また、金魚のまちとしても全国に名が知られ、市内随所には多数の養殖池が見られます。 歴史旧跡散策、ハイキングにと見所、楽しみいっぱい、是非訪れてみてください。
金魚発祥の地 マンホール 享保9(1724)年に柳澤吉里候が甲斐の国より持ち帰ったのが始まりと言われる金魚養殖は、現在も大和郡山を代表する特産品で、 年間8000万匹の金魚、約200万匹の錦鯉が生産され、生産高は全国シェアの40%を占めています。
金魚は大和郡山のシンボルとして、マンホールにもその姿を見ることができます。
養殖池

郡山金魚資料館

郡山金魚資料館では原種から高級金魚、貴重な品種が見られ、金魚の民族資料、 金魚に関する錦絵と古書も展示されています。
住所:大和郡山市新木町107
交通:JR大和郡山駅より徒歩20分 近鉄郡山駅より徒歩10分

郡山金魚卸売センター

金魚・錦鯉のセリ市が毎週水曜日(冬期を除く)に行われています。 セリ市以外の日は金魚・錦鯉の釣堀が行われています。

住所:大和郡山市本庄町250 0743-56-2300 交通:近鉄郡山駅下車徒歩20分

大和郡山市観光モデルコース

・城下町散策 郡山城跡、柳沢文庫、箱本家「紺屋」他
・矢田丘陵散策 矢田寺、東明寺、民族公園他
・修験道コース 慈光院、松尾寺、小泉神社
・田園散策 売太神社、稗多環濠集落、業平姿見の井戸
・古代ロマン散策 筒井順慶歴史公園、額安寺
・金魚探索 郡山金魚資料館、郡山金魚卸売センター
城全景

郡山城跡公園

室町時代末期に筒井順慶により築城された後に豊臣秀長が入り、1724(享保9)年に柳沢吉里が城主となり、 以後柳沢藩15万石の城下町は明治まで続きました。 追手門や多門櫓は昭和に復元されたものですが、石垣に組み込まれている石仏やさかさ地蔵は、 石像美術史上の研究対象として価値が高いものです。 春は桜の名所ともなっている公園内には、柳沢神社、柳沢家所蔵の書画や、歴史資料を保存公開している柳沢文庫があり、 文人柳澤氏の在りし日をしのぶことができます。
住所:大和郡山市城内町 公園見学自由 無料 交通:近鉄郡山駅から徒歩5分
紺屋

箱本館「紺屋」

箱本館が位置する紺屋町は豊臣秀長の時代(1585〜1591)に藍染を職業とする人が集まった職人町で、 「郡山藩旧記」による記録では東西209m、町の中心に幅1mの紺屋川が流れ、 かつては13軒の紺屋が染め上げた布や糸をさらしていました。 箱本館は、ここで代々藍染めの技術を継承してきた奥野家住宅を改装した資料館で、 藍染めと金魚に関する資料を展示し、工房では藍染の体験もできます。
住所:大和郡山市紺屋町19-1 入館料:300円 交通:近鉄郡山駅より徒歩5分
茅葺

慈光院(わびの寺)

1663年(寛文3年)に徳川将軍家の茶道指南をしていた片桐石州が、父をとむらうために創建した茅葺き農家風の建物。 門 庭園は日本最古の書院式枯山水で国指定の名勝史跡。書院、茶室、手水鉢とつくばいは国の重要文化財。
住所:大和郡山市小泉町865 TEL:0743-53-3004
拝観料:1,000円(抹茶・菓子付) 精進料理コースは要予約
交通:近鉄郡山駅から奈良交通バスで15分。慈光院前下車すぐ
矢田寺

矢田寺(あじさい寺)

飛鳥時代、天武天皇の創建と伝えられる矢田寺は正式名を金剛山寺、 地蔵信仰で知られ、別名アジサイ寺としても有名で、境内には60種8000株のアジサイが植えられています。 あじさい 本尊に阿弥陀如来像、十一面観音像ほか多数の重文の仏像、地蔵が多数安置されています。
住所:大和郡山市矢田町3549
境内自由 アジサイ開花期(6月〜7月上旬) 400円
交通:近鉄郡山駅から奈良交通バスで15分、矢田寺前下車徒歩6分
松尾寺

松尾寺

天武天皇の子舎人親王が「日本書紀」の完成と42歳の厄除を祈願して建立。
本尊の木造千手観音立像は日本最古の厄除観音として、 全国から多くの参拝者が訪れています。
本堂と三重塔は重文。 また七福神堂には日本で3体しかない大黒天立像があります。
龍の手水 境内にあるバラ園では80種5万輪のバラが植えられており、5月中旬から6月初旬に一般公開されています。 千手観音は11月3日のみ開扉。
住所:大和郡山市山田町683 拝観料:境内無料 七福神堂300円
交通:JR大和小泉駅から車で7分
民俗公園

大和民族公園

矢田丘陵の一角、26.6haの敷地に奈良県内で18〜19世紀に建てられた民家9軒、11棟を移築、 そのとき所在した地域に則して町家、国中などの集落が復元されてます。
民族博物館では稲作、茶業、林業の各工程で使われていた用具が展示され、当時の衣食住について紹介されています。 園内では2月に梅の花、6月には菖蒲が楽しめます。
民家 博物館
住所:大和郡山市矢田町545
公園・民家 見学無料
博物館観覧料:大人200円・学生150円・小人70円
交通:近鉄郡山駅から奈良交通バス矢田山町行き13分 矢田東山下車徒歩7分
タウンネットガイドとは | プライバシーポリシー | 一般利用規約 | 会員利用規約 | お問い合せ
Copyright (c) townnet guide Japan; All Rights Reserved.