公共・行政 教育 観光 商工・組合 医療・福祉 タウンネット
掲載情報は諸事情により、実際と異なる場合がございます。
1日イベント情報を更新しました

イベント情報
16日 多れんぞ【多神社】
22日〜5月28日 補遺・発掘速報展【唐古・鍵考古学ミュージアム】
5月3〜4日 報恩講執行【浄照寺】
5月5日 矢部の綱掛け【矢部地区】
第4土曜日 ふれあい朝市【田原本駅前広場】

見る・学ぶ
町立図書館
唐古・鍵 考古学ミュージアム
田原本青垣生涯学習センター

交通機関
近畿日本鉄道
奈良交通

近鉄橿原線田原本駅(石見駅・笠縫駅)下車
JR大和路線王寺駅より近鉄田原本線に乗り換え、西田原本駅(黒田駅)下車
西名阪自動車道郡山ICで下り、南下

tngバナーかな
tngバナー
唐古・鍵遺跡
一際目立つ2階建ての楼閣がシンボルの唐古・鍵遺跡は、佐賀県の吉野ヶ里遺跡に並ぶ規模を誇ります。
タウンネットHOME 奈良県
ショッピング・グルメ

ショッピング・グルメ

ファッション・専門店・趣味雑貨・美容エステ・理容健康・食品・車バイク・スポーツ・ペット・住まいくらし他
カフェスイーツ・洋食・アジアン・和食・ナイト・他飲食

教育・くらし

教育・くらし

医療・薬調剤・福祉保健・教育資格・教室育児・不動産・運輸・環境安全・式会場・地域他

旅・レジャー

旅・レジャー

アウトドア・アミューズ・宿泊・交通・観光他
ビジネス

ビジネス

保険・流通商業・情報通信・広告デザイン・調査相談他

建築・土木

建築・土木

建築・住宅・店舗オフィス・土木・造園石材・設備・建材工務他

製造・加工

製造・加工

飲食品製造・機械金属・繊維化学・紙ゴム・木工工芸他


田原本町見聞録
田原本町は奈良盆地の中央部に位置し、北部京都、奈良市と南部エリアを結ぶ主要幹線の国道24号が町を縦断しています。 田原本町は古代、弥生時代に大集落があったとされる唐古・鍵遺跡が発掘され、 弥生文化発信基地として一躍脚光を浴びた町として知られていますが、 町には他にも桃太郎伝説や能楽発祥の地として関わりのある神社仏閣など、 歴史資産も数多く点在します。古代からの歴史息づく町を是非訪れてみてください。

弥生時代の大規模農耕集落遺跡
桜閣

国史跡 唐古・鍵遺跡

国道24号を走ると東側に一際目立つ2階建ての楼閣が見えます。 この一帯が弥生時代〜古墳時代に大規模農耕集落があったとされる唐古・鍵遺跡です。 規模は佐賀県の吉野ヶ里遺跡と並ぶもので、100余の竪穴式の住居跡をはじめ、木製農具や食料の種、勾玉、 土器片などが出土、当時の農耕生活を知る上で注目されました。 最近では弥生時代最大級の柱を持つ大型建物跡が西側の発掘調査から発見されました。 池の楼閣は1991年出土した土器の破片に描かれていた楼閣を復元したものです。 出土品は田原本町中央体育館郷土資料展示室で展示されています。
住所:田原本町唐古
交通:近鉄橿原線石見駅から徒歩15分、国道24号沿い
桃太郎伝説の故郷と伝えられる地
法楽寺

法楽寺

考霊天皇の黒田廬戸宮(いほとのみや)跡に建てられた寺。
桃太郎は古事記、日本書紀に書かれている大和朝廷から命を受け、 吉備津の国に鬼退治にでかけた吉備津彦命の武勇伝が元になった伝説であり、 そのモデルとなった吉備津彦命が考霊天皇の皇子であることから、ここが生誕地といわれる由縁となっています。 岡山県や香川県高松の桃太郎伝説は吉備津彦命の兄弟がモデルとなっています。
桃太郎伝説にかかせない桃については、 桃太郎の看板 室原(現田原本町旧川東村付近)は古代、万葉歌に詠まれた桃の名所であり、 唐古・鍵遺跡からも桃の種が出土しています。
住所:田原本町大字黒田字寺垣内 境内自由
交通:近鉄田原本線黒田駅から0.4km、徒歩5分
能楽発祥の地ゆかりの神社・仏閣
秦楽寺(じんらくじ)は散楽(さるがく)の祖である秦河勝が創建した寺。
村屋神社周辺エリアである「社屋(もりや)」の地は平安時代に伎楽(ぎがく)や舞楽、 散楽の選り抜きの楽人たちが住む楽戸郷(がくとのさと)が存在したと、延喜式に記されています。
他には能楽観世流の世阿弥が得度した補厳寺(ぶがんじ)があり、山門のわきに「世阿弥参学之地」の碑が建立されています。
秦楽寺

空海ゆかりの古刹 秦楽寺(じんらくじ)

平安時代に空海が24歳の時に「三教指帰」を執筆した寺と伝えられています。 本尊は千手観音木像で、百済王が献上したものといわれています。 お堂前のハス池(阿字池)は秋のスナップで分かりにくいですが夏の7〜8月には、 池一面に極楽浄土といえるほどの美しいハスが咲きます。
住所:田原本町大字秦楽寺 境内自由
交通:近鉄橿原線笠縫駅より徒歩10分
村屋神社

縁結びの神様
村屋神社(村屋巫弥冨都神社)

延喜式内大社で桜井三輪の大神神社の別宮。 県の天然記念物に指定されているイチイガシの杜は、平成10年の台風被害で木が倒れ明るくなりましたが、 静寂な雰囲気のなかにたたずむ拝殿は昔のまま。祭神は三穂津姫命と大物主命。 神話から縁結び、家内安全の神として信仰を集めています。
当神社巫女さんが舞う神舞は能発祥の地のなごりとして村屋神社独自のものであり、代々受け継がれています。
住所:田原本町蔵堂423
交通:JR桜井線巻向駅より徒歩約25分 名阪国道郡山ICより車で約10分
鳥居

鏡の神様 鏡作(かがみつくり)神社

1200年前からの由緒ある延喜式内大社。祭神は天照国照日子火明神、石凝姥命、天児屋根命の三神を祀り、 古来から鏡鋳造の神として信仰されてきました。
神宝に「三神二獣鏡」があり、古来の鏡鋳造の神として鏡作業者に崇敬され、 現代では美の神として美容師や美容関連に就く者の参拝者が多く見られます。
毎年2月に行われる御田植祭は有名で多くの人で賑わいます。
住所:田原本町大字八尾字ドウズ 境内自由 交通:西田原本駅から2.5km、徒歩18分
浄照寺

浄照寺

領主平野長勝が1615年に建立。田原本御坊として最盛期には県下に72ヶ寺を数えました。
本堂は1651年創建で奈良県指定文化財となっています。 門 寺宝は親鸞聖人絵像と梵鐘、立派な表門は伏見桃山城の城門を移築したものといわれています。
住所:田原本町茶町584
交通:近鉄橿原線西田原本駅より徒歩3分
本誓寺

本誓寺

浄照寺に隣接する本誓寺は平野長勝の菩提樹です。本尊は阿弥陀三尊像と十一面観音像。
住所:田原本町茶町
交通:近鉄橿原線田原本駅より徒歩3分
タウンネットガイドとは | プライバシーポリシー | 一般利用規約 | 会員利用規約 | お問い合せ
Copyright (c) townnet guide Japan; All Rights Reserved.