公共・行政 教育 観光 商工・組合 医療・福祉 タウンネット
掲載情報は諸事情により、実際と異なる場合がございます。
1日イベント情報を更新しました

イベント情報
8日 菜の花まつりアースデイinかつらぎ【葛城市中央公民館・新庄健民運動場】
1日〜5月20日 霊宝館 春季特別展【當麻寺】
2日 大般若経転読法会【當麻寺】
15日〜5月20日 ぼたん しゃくやく祭り【石光寺】
20日〜5月20日 弥勒如来秘仏・日本最古の石仏開帳【石光寺】
22日〜5月7日 御影堂特別拝観【當麻寺】
23日 二上山岳のぼり【二上山】
29日 練り初め【當麻寺】
毎月1日 護摩祈祷【當麻寺】
毎月16日 導き観音祈願会【當麻寺】

見る・学ぶ
いこいの村ひろしま
牛小屋高原エコロジィキャンプ場

交通機関
近畿日本鉄道
奈良交通

近鉄阿部野橋駅より近鉄南大阪線乗車、当麻寺駅、尺土駅、近鉄新庄駅下車。
西名阪自動車道柏原IC下車、當麻へ10分〜新庄へは20分
香芝IC下車では15分(當麻)〜25分(新庄)
南阪奈道路からでは葛城IC下車10分。

tngバナーかな
tngバナー
二上山
雄岳と雌岳の2つの峰が立つ二上山は、古代から神聖な山と崇め、多くの歌にも詠まれてきました。
タウンネットHOME 奈良県
ショッピング・グルメ

ショッピング・グルメ

ファッション・専門店・趣味雑貨・美容エステ・理容健康・食品・車バイク・スポーツ・ペット・住まいくらし他
カフェスイーツ・洋食・アジアン・和食・ナイト・他飲食

教育・くらし

教育・くらし

医療・薬調剤・福祉保健・教育資格・教室育児・不動産・運輸・環境安全・式会場・地域他

旅・レジャー

旅・レジャー

アウトドア・アミューズ・宿泊・交通・観光他
ビジネス

ビジネス

保険・流通商業・情報通信・広告デザイン・調査相談他

建築・土木

建築・土木

建築・住宅・店舗オフィス・土木・造園石材・設備・建材工務他

製造・加工

製造・加工

飲食品製造・機械金属・繊維化学・紙ゴム・木工工芸他


葛城市見聞録
神聖な山、二上山に抱かれる葛城市は、古代から大和と河内を結ぶ結節点であった歴史あるまちです。
いにしえから語り継がれた伝説と神話に彩られた町の見所をご紹介します。

姫の伝説と花に彩られた寺を訪ねる
中将姫 当麻寺と石光寺に伝わる姫伝説は、天平時代に藤原豊成の娘、中将姫が継母に大和の雲雀山に捨てられ、 無情を感じた姫が當麻寺に入り、17歳で出家し、満願の日に現われた老尼の導きにより、 蓮糸で約4m四方の曼荼羅を一晩で織ったといわれています。
その後29歳の時、天から訪れた阿弥陀如来、二十五菩薩に迎えられて西方極楽浄土に旅立ったといわれています。
當麻寺

當麻寺(たいまでら)

関西花の寺 第21番霊場
仏塔古寺18尊 第8番霊場
聖徳太子の弟、磨呂子親王が612(推古20)年に交野に創建した寺を、 豪族大麻氏が氏寺として現在の地に移築したといわれています。
金堂の両側に建つ東西の三重の塔(国宝)は奈良後期から平安初期に建立。 本堂(国宝)は平安時代の創建で、1161(応保元)年に再建されました。
姫が織ったと伝わる「当麻曼荼羅(国宝)」は奥院宝物館で、16世紀初頭に複写されたものを見ることができます。 また、境内には13箇所の塔頭があり庭園鑑賞もお勧め。
三重塔 西南院庭園では池に映る三重塔が美しく、水琴窟の音色が楽しめます。
毎年5月14日に行われる姫伝説再現の練供養は国の重要無形民俗文化財。
住所:葛城市當麻1263
境内自由 本堂・金堂・講堂拝観500円
中之坊拝観500円 奥の院拝観300円 P有料30台
交通:近鉄南大阪線当麻寺駅より徒歩約15分
山門 金堂(国宝) 西南院庭園 中将姫
写真左から 當麻寺正門、金堂(国宝)、西南院庭園、中将姫
石光寺

牡丹と中将姫ゆかりの寺・石光寺

飛鳥時代に天智天皇の勅願により創建。
本堂は江戸時代に建てられたものです。
四季の花で彩られた境内には、 中将姫が曼荼羅の糸を染めたといわれる「染めの井」に糸を乾かしたといわれる「糸掛け桜」があります。
また、4月中旬から5月中旬と11月下旬から1月下旬には、色とりどりの春牡丹と寒牡丹が咲き誇ります。
ぼたんの花1 ぼたんの花2
住所:葛城市當麻町染野387
拝観料:400円 P7台
交通:近鉄南大阪線二上神社口駅より徒歩13分
相撲発祥の地
葛城市相撲館けはや座

當麻町相撲館けはや座

葛城市は相撲の始祖といわれる当麻蹶速(けはや)が、 出雲の野見宿禰(のみのすくね)と天皇の前で相撲をとったと伝わる地です。
館内には日本相撲協会の協力を得て、その歴史や相撲に関する資料が1万点以上展示されています。 葛城市相撲館けはや座 館内には大相撲と同じサイズの土俵に桟席が設置され、子供相撲教室なども行われています。

蹶速塚(けはやづか)

相撲館の西側にある塚は、野見宿禰に相撲で蹴殺されてしまった当麻蹶速を追善するため建てられた小堂。
堂には五輪塔と蹶速の姿を彫った碑が建てられています。
住所:葛城市當麻83-1
入館料:300円 Pなし
交通:近鉄南大阪線当麻時駅から徒歩6分
日本最古の国道・竹内(たけのうち)街道を歩く
竹内街道

竹内街道

大阪河内と大和を結ぶ竹内街道は、推古21(613)年に整備された日本で最古の国道です。 奈良側街道の竹内集落には司馬遼太郎の母方の実家があり、著書「街道をゆく」の第一巻、 竹内街道・葛城山で、幼少の時を過ごした故郷のことが記されています。 今は道が舗装されましたが、大和棟の民家が立ち並ぶ竹内集落には、かつて宿場町として栄えた面影を見ることができます。 また、竹内集落の中ほどには芭蕉が「野ざらし紀行」の途中で滞在した興善庵の跡が残されています。
住所:葛城市当麻地区
交通:近鉄磐城駅から竹内峠まで4.5km、徒歩1時間30分
神聖なる山に登る / 麓で遊ぶ・憩う・買う
二上山

二上山

奈良盆地の西南に雄岳と雌岳の2つの峰が立つ二上山は、古代から夕日が沈む美しい山を、 西方浄土の入口にあたる神聖な山と崇め、多くの歌にも詠まれてきました。
二上山へは当麻寺駅か雄岳頂上まで約2時間、近鉄二上神社口駅からは1時間ほどで登れます。
雄岳頂上には非業の死を遂げた天武天皇の息子、大津皇子の墓があります。
住所:葛城市加守
交通:近鉄南大阪線二上神社口駅より徒歩1時間30分
ふるさと公園

二上山ふるさと公園

二上山の東麓に広がる自然を生かした公園。
園内には7,000m2の芝生広場を中心に、わんぱく広場やおもちゃ館、ハーブ園に、 大和平野を一望できる展望台があります。大人から子供まで楽しめる施設です。
住所:葛城市新在家492-1 入園無料
交通:近鉄南大阪線二上神社口駅より徒歩15分
道の駅

道の駅ふたかみパーク當麻

二上山ふるさと公園に隣接。
施設には地元の特産品である野菜や味噌、地酒などを販売する當麻の家と、レストランが併設されています。
住所:葛城市新在家402-1 P66台 無休
交通:近鉄南大阪線二上神社口駅より徒歩10分
西名阪自動車道柏原ICより車で約10分
ミュージアム
油喜額裏美術館

どん文庫 油喜額裏美術館

江戸末期から昭和初期の羽織の裏地に表された手描きや染め、織りなどによる花鳥風月、 人物などの絵が60点ほど展示されています。
住所:葛城市当麻1242
入館料:500円 月曜休館(祝日の場合は翌日)
交通:近鉄当麻寺駅から徒歩7分、當麻寺門前
タウンネットガイドとは | プライバシーポリシー | 一般利用規約 | 会員利用規約 | お問い合せ
Copyright (c) townnet guide Japan; All Rights Reserved.