公共・行政 教育 観光 商工・組合 医療・福祉 タウンネット
掲載情報は諸事情により、実際と異なる場合がございます。
1日イベント情報を更新しました

イベント情報
〜3月5日 女優田中絹代と映画監督(6)田中絹代【近代先人顕彰館】
〜3月12日 動き出す!絵画 ペール北山の夢 モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち【下関市立美術館】
3日 馬関名物たこあげ大会【亀山八幡宮】
節分祭【龍泉寺・修禅寺】
4日〜3月26日 城下町長府ひなまつり【城下町長府地区】
3月5日 平家雛流し神事【赤間神宮】
11日 下関ふくの日まつり【南風泊市場】
第2土曜 下関漁港朝市【下関漁港市場製氷工場横駐車場】
土曜日 お魚朝市【山口県漁協本店】
土・日・祝日 車内紙芝居「童謡詩人金子みすゞ」【山陰観光列車「みすゞ潮彩」1号】
車内紙芝居「武蔵・小次郎 巌流島の決闘」【山陰観光列車「みすゞ潮彩」2号】

見る・学ぶ
下関市立美術館
長府博物館
考古博物館
みもすそ川古美術館
田中絹代ぶんか館

交通機関
関門汽船

tngバナーかな
tngバナー
関門大橋
壇ノ浦、巌流島を眼下に見下ろす関門大橋は、完成当時東洋一の長大吊橋でした。
タウンネットHOME 山口県 下関市豊浦地区
ショッピング・グルメ

ショッピング・グルメ

ファッション・専門店・趣味雑貨・美容エステ・理容健康・食品・車バイク・スポーツ・ペット・住まいくらし他
カフェスイーツ・洋食・アジアン・和食・ナイト・他飲食

教育・くらし

教育・くらし

医療・薬調剤・福祉保健・教育資格・教室育児・不動産・運輸・環境安全・式会場・地域他

旅・レジャー

旅・レジャー

アウトドア・アミューズ・宿泊・交通・観光他
ビジネス

ビジネス

保険・流通商業・情報通信・広告デザイン・調査相談他

建築・土木

建築・土木

建築・住宅・店舗オフィス・土木・造園石材・設備・建材工務他

製造・加工

製造・加工

飲食品製造・機械金属・繊維化学・紙ゴム・木工工芸他


下関市見聞録
山口県下関市は壇ノ浦、馬関戦争・小倉戦争、巌流島や維新決起の地長府など歴史散策で飽きることはありません。
高杉晋作が疾風のごとく駆け抜けた下関市の旅をお楽しみください。
下関市は海の幸の美味しいことでも知られています。
下関ゆかりの歴史を訪ねて
関門海峡

壇ノ浦の戦い

文治元(1185)年、壇ノ浦で行われた平知盛率いる平家と、義経率いる源氏の決戦が行われました。
当初、平家優勢で進んだ戦いは、潮流の変化で源氏優勢に転じ、ついに知盛は自決、 平知盛 義経 平家の世は終焉し、源氏の時代が始まります。
なお、この戦いで、義経は船から船へ飛び移る「八艘飛び」を見せたといわれています。
毎年ゴールデンウイークに開催される源平船合戦で、当時の戦いが再現されています。
赤間神宮

赤間神宮

竜宮城をイメージして造られたという赤間神宮は、壇ノ浦でわずか8歳で命を絶った安徳天皇を祀っています。
境内には平家門の七盛塚、小泉八雲の怪談で有名な「耳なし芳一」の木像などもあります。
住所:下関市阿弥陀寺町4-1
交通:JR山陽本線下関駅よりバス、赤間神宮前下車すぐ
決闘像

巌流島

慶長17(1612)年、この島で宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が行われました。 巌流島遠景 この戦いに敗れた佐々木小次郎の流儀「巌流」をとって巌流島と呼ばれるようになりましたが、 正式名称は「船島」といいます。
公園として整備された島では武蔵と小次郎縁の碑などの他、関門海峡を見渡す場所としても人気があります。
住所:下関市大字彦島字船島648
交通:下関唐戸港より直行便運行
伊藤博文・陸奥宗光像

日清講和記念館

明治28(1895)年、日清戦争ののち、清国の李鴻章と日本の伊藤博文、 日清講和記念館 陸奥宗光の間で結ばれた、日清講和条約(下関条約、馬関条約)の際使用された調度品や資料を展示した記念館です。
浜離宮より下賜されたという調度品が見事。
記念館はふく発祥の「春帆楼」敷地内にあります。
住所:下関市阿弥陀寺町4-3
交通:JR山陽本線下関駅よりバス、赤間神宮前下車すぐ
長府侍屋敷長屋

侍町

文冶元(1185)年、壇の浦合戦で破れた平家の残党追討の命を受けた土肥実平が、 この辺りに居住したのが名の由来といわれる侍町は、長府藩の上級家臣の役宅が並んでいました。 今も当時の面影を残す武家屋敷の土塀が保存され 旧野々村家表門 、美しい町並みを形成しています。
また、町を流れる壇具川は初夏、蛍が飛び交います。
周囲には毛利邸や功山寺、乃木神社、市立美術館、維新発祥の地の碑、串崎城跡などがあり、観光の拠点に便利。
写真は旧野々村家表門・長府侍屋敷長屋
住所:下関市長府侍町
交通:JR山陽本線長府駅よりバス、城下町長府下車徒歩5分
乃木神社

乃木神社

大正元(1912)年、乃木将軍御夫妻は明治天皇に殉じて自刃しました。 その後、乃木邸に来観するものが後を絶たなかったことから、乃木邸内小社に大正8(1920)年、竣工された神社です。
境内には乃木将軍が少年時代を過ごした旧邸、資料館などがあります。
住所:下関市長府宮の内町
交通:JR長府駅よりバス、城下町長府下車徒歩7分
郵便局 秋田商会

秋田商会
下関南部町郵便局

唐戸市場に程近い場所に建つ、レトロな建物です。 当時灯台の役目もしていたという、ドーム型の屋根と円筒形の張出部をもつ秋田商会は大正4(1915)年竣工で、 現在は下関の観光情報センターとして利用されています。
隣の下関南部町郵便局は明治33(1900)年に建てられた国内最古の現役郵便局舎で、 丸ポストの考案者、俵谷高七もここに勤めていました。
陸橋を挟んで建つ明治39(1906)年竣工の旧下関英国領事館は、市民ギャラリーとして開放されています。
住所:下関市南部町
交通:JR山陽本線下関駅よりバス、唐戸下車すぐ
高杉晋作の軌跡をたどる
高杉晋作像

高杉晋作

萩で誕生、吉田松陰の門下生であった高杉晋作が歴史の舞台に大きく登場するのが、 馬関戦争に破れた講話条約の締結です。
短い生涯を、疾風のごとく駆け抜けた高杉晋作の軌跡は、そのまま明治維新の軌跡でもあります。
市内に多く残る高杉晋作縁の地を訪ねてみてはいかがでしょう。
写真は功山寺にある高杉晋作像
砲台から関門海峡を臨む

馬関戦争

文久3(1863)年、江戸と長崎を往来するため、関門海峡を航行中のアメリカ商船、オランダ、 フランス艦を長州藩光明寺党が砲撃したことにより始まります。
この戦いで長州藩は惨敗しました。
写真はみもすそ川公園にある砲台
決起の地記念碑

下関

日本で始めての民間人起用の軍「奇兵隊」を結成、講和条約では彦島の租借権、 賠償金を断り下関港への寄港を認めます。
このことが将来イギリスと長州の接近を促します。
住所:下関市竹崎町3丁目8-13
交通:JR山陽本線下関駅より徒歩5分 国道191号線沿い、中国電力ビルの前
功山寺山門

長府

そのころ、正義派と俗論派に二分していた長州をまとめるため、長府・功山寺で決起、長州藩の俗論派を攻撃、 長州藩を一つまとめます。
そして四境戦争が始まり、小倉に陣取る幕府軍との戦い「小倉口・大島口」の指揮をとります。 この小倉戦争の勝利により、時代は明治維新へと大きく動き出します。
長府は、高杉晋作によって明治維新への口火を切った場所なのです。
功山寺

功山寺

功山寺は高杉晋作の挙兵の地である他、毛利勢に攻められた大内義長の自刃の地、 三条実美ら五卿の潜居など、度々歴史の表舞台に登場する寺院です。仏殿は国宝に指定されています。
尚、七卿潜居の間では粥御膳や精進料理が楽しめます。
住所:下関市長府川端1丁目2-3
交通:JR山陽本線長府駅よりバス、城下町長府下車徒歩10分
高杉終焉の地

下関

このとき高杉晋作は肺結核を患っていました。慶応3(1867)年、27歳8ヶ月と言う短い生涯を、 新地の庄屋林算九郎邸の離屋であったこの地で終焉します。
住所:下関市新地町3
交通:JR山陽本線下関駅より徒歩12分 妙蓮寺前
東行庵

小月・東行庵

伊藤博文、山縣有朋、井上馨らの寄付により明治17年に建立、 初代庵主には高杉の愛した「おうの」が出家し「梅処尼」となり務めます。
高杉東行(晋作)の墓所、梅処尼、奇兵隊の墓所ほか伊藤博文が高杉を讃えた 「動けば雷電のごとく、発すれば風雨のごとし」と書かれた碑などがります。
晋作餅 高杉晋作の墓 伊藤博文が高杉を讃えた碑
左から高杉の好物であった梅を使った晋作餅、晋作の墓、伊藤博文が高杉を讃えた碑
住所:下関市吉田1184
交通:JR山陽本線小月駅よりバス、東行庵入口下車徒歩5分
関門トンネル人道

関門トンネル人道

昭和33(1958)年、21年の歳月をかけて完成した、下関と門司をつなぐ歩行者用トンネルです。 壁面には海の生物や、星空、朝日、夕日などが描かれ、歩行者を飽きさせない工夫が施され、 通路の途中には山口県と福岡県の県境が表示してあります。
30分もあれば往復でき、自転車や原付(有料)も通行できます。
住所:下関市みもすそ川町22-34 交通:中国道下関ICより約5分
唐戸市場

下関唐戸魚市場

昭和8(1933)年開業した、業者向卸売と一般向小売が共存する市場です。 建物の老朽化と敷地拡大のため、平成13(2001)年、現在の場所に移設されました。
ボードウォーク 250ある店舗は海産物の他、農産物や加工品の販売も行っています。週末は軽食屋に変わるお店も。
併設されたボードウォークからは関門海峡が一望でき、関門連絡船を利用して門司港に行くこともできます。
住所:下関市唐戸町5-50 交通:JR山陽本線長府駅よりバス、唐戸下車徒歩5分
海響館

市立しものせき水族館 海響館

「海のいのち、海といのち」をコンセプトに、平成13(2001)年にオープンした水族館です。 ウォーターフロント開発の一端として、老朽化した旧施設より現在の場所に移設されました。
カモンワーフ、唐戸市場と共に、新しい下関の名所として人気を博しています。
住所:下関市あるかぽーと6-1
交通:JR山陽本線下関駅よりバス、海響館下車
海響館

海峡メッセ下関

平成8(1996)年オープンした、4ヶ国同時通訳設備を備えた国際会議場、展示見本市会場、イベントホール、企業オフィス、 日本有数の高さを誇る「海峡ゆめタワー」を有する複合施設。
タワーは関門海峡を見下ろせる展望室を備え、夜はライトアップされます。
住所:下関市豊前田町3丁目3-1
交通:JR山陽本線下関駅より徒歩7分
タウンネットガイドとは | プライバシーポリシー | 一般利用規約 | 会員利用規約 | お問い合せ
Copyright (c) townnet guide Japan; All Rights Reserved.