公共・行政 教育 観光 商工・組合 医療・福祉 タウンネット
掲載情報は諸事情により、実際と異なる場合がございます。
1日イベント情報を更新しました

イベント情報
〜23日 さくらももこの世界展【筆の里工房】

見る・学ぶ
町立図書館

tngバナーかな
tngバナー
熊野筆
江戸時代末期より農閑期を利用して生産されていた熊野筆は、いまや質量ともに国内有数の工芸品です。
タウンネットHOME 広島県
ショッピング・グルメ

ショッピング・グルメ

ファッション・専門店・趣味雑貨・美容エステ・理容健康・食品・車バイク・スポーツ・ペット・住まいくらし他
カフェスイーツ・洋食・アジアン・和食・ナイト・他飲食

教育・くらし

教育・くらし

医療・薬調剤・福祉保健・教育資格・教室育児・不動産・運輸・環境安全・式会場・地域他

旅・レジャー

旅・レジャー

アウトドア・アミューズ・宿泊・交通・観光他
ビジネス

ビジネス

保険・流通商業・情報通信・広告デザイン・調査相談他

建築・土木

建築・土木

建築・住宅・店舗オフィス・土木・造園石材・設備・建材工務他

製造・加工

製造・加工

飲食品製造・機械金属・繊維化学・紙ゴム・木工工芸他


熊野町見聞録
広島県熊野町は全国の80%のシェアを誇る筆の産地です。
江戸時代、奈良より仕入れた筆や墨を農閑期に販売していたことに始まり、現在は1,500人の筆司が伝統の技を守っています。 近年では熊野筆は化粧筆としても人気があります。ぜひ熊野町でお気に入りの筆を見つけてくだい。

筆の里外観

筆の里工房

全国一の筆の産地、熊野にある博物館施設です。
筆に関する企画展が開催されるギャラリー、昔ながらの熊野の民家で実演される筆づくり、 1,500種類もの筆を販売するミュージアムショップなど、筆に関するさまざまな情報を得ることが出来ます。
看板 ギャラリー 工房 ショップ
住所:熊野町3115-1
開館時間:9:30〜17:00月曜休館(祝日の場合翌日)
入館料:大人300円 小人150円(企画展開催中は変更となります)
交通:出来庭バス停より徒歩約15分
熊野町郷土館

熊野町郷土館

大正時代初期、町の中心街で栄えた造り酒屋を譲り受け、昭和52(1977)年に開館しました。
熊野筆の歴史を中心に、郷土の産業・生活を展示しています。
住所:熊野町中溝3606
開館時間:9:00〜16:30(土・日・祝日のみ開館)
入館料:大人100円 小人50円
交通:役場前バス停より徒歩約2分
坊田かずまの碑

坊田かずまの歌碑

昭和初期に活躍した童謡作曲家、坊田寿真は、熊野町の出身です。
小学校の音楽教育に熱心で、器楽合奏を取り入れるなど、当時としては進歩的な指導を行っていました。 また、地元や呉市、下関市など、学校校歌を多く手がけています。
彼の偉業を記念し、熊野町民会館には「水甕」が、母校熊野第一小学校には「とほせんぼ」の歌碑が建てられています。
住所:熊野町3890 熊野町民会館前
交通:役場前バス停より徒歩約3分
榊山神社

榊山神社

承平3(933)年に九州の宇佐八幡宮から勧請されたと伝えられていまが、正徳5(1715)年に火災にあい、 伝来の宝物、古文書などを焼失し、詳しい縁起はわからなくなりました。 現在の社殿は、享保9(1724)年に、また拝殿は明治3(1870)年に再建されました。熊野本営社は同じ境内にあります。
熊野本営社

熊野本営社

養和元(1181)年、紀州の熊野本営大社から勧請された、町名の由来となった神社です。
寛政12(1800)年、田植のころ、鶴が火縄をくわえ神殿へ飛び込み、社殿を焼失したと伝えられています。 町指定重要文化財。
筆塚

筆塚

筆の精と祖先の遺徳に感謝をこめて建立されました。筆塚の文字は、基内閣総理大臣故池田勇人氏の揮毫によるものです。
毎年秋分の日に開催される「筆まつり」には、役目を終えた筆たちが全国から集められ、供養されます。
住所:熊野町1827
交通:熊野団地バス停より徒歩約35分
タウンネットガイドとは | プライバシーポリシー | 一般利用規約 | 会員利用規約 | お問い合せ
Copyright (c) townnet guide Japan; All Rights Reserved.